小児矯正歯科

小児矯正歯科(子どもの矯正)では、将来、不正な咬み合わせの原因となるお口、舌、呼吸、嚥下の悪い習慣、癖をなおし、理想的な発育を目指します。

また、お子さまの成長する力を利用し、顔のバランスや歯並びを整えることが出来る点も、子どもの矯正の特徴です。歯並びを整えることは虫歯、歯周病の予防にも繋がり、また成人矯正と異なり、成長する力を利用して歯並びを整えるコントロールができるので、幼少期から「Ⅰ期矯正治療」・「Ⅱ期矯正治療」を行う小児矯正治療であれば、大人になってからの治療と比べると色々な面で負担が少なく済むメリットがあります。

お子様の将来の健康的な歯並びや咬み合わせを得るために、最適な治療時期を見逃さず、小児矯正治療(子どもの矯正)を始められることお勧めします。

子どもの矯正

Ⅰ期治療
Ⅰ期矯正治療
6歳頃~12歳頃

具体的には、前歯が生え変わる小学校低学年~永久歯が生えそろい、顎の成長の目途が立つ中学生前半頃までと言えます。

このⅠ期治療では、顎を広げる矯正器具を用いて土台となる顎の形を整えたり、顎骨の成長を利用した骨格的な改善を行い、併せて歯並びや咬み合わせに悪影響を及ぼす舌や口唇の悪癖を直す指導も行います。舌や口唇の悪癖が残っていると、折角歯並びを整えても元の不正咬合に後戻りする場合もあります。また、この時期に顎や歯並びの横幅を拡げたり、顎の位置のバランスを整えて、Ⅱ期治療で抜歯の可能性を減らすことが可能です。

Ⅱ期治療
Ⅱ期矯正治療
13歳頃~成人

Ⅱ期治療は、Ⅰ期治療を終えた方が必要に応じて移行する治療です。その為、Ⅰ期治療をされていない方は、全て成人矯正治療(大人の矯正治療)の扱いとなります。

具体的には、永久歯が生えそろい顎の成長の目途が立つ中学生以降が該当しますが、成長や生え変わりの早さなどにより個人差があります。Ⅱ期治療は、基本的に生えそろった永久歯を綺麗に整え、正常咬合=正しい咬み合わせにするための仕上げの矯正治療です。Ⅰ期治療をしっかりと終えている為、抜歯をすることなく、スムーズに矯正治療を進められることが多いです。

※ケースによっては抜歯矯正になる場合もございます。

こどものマウスピース矯正

三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、お子様のマウスピース矯正「インビザライン・ファースト」にも対応しています。

矯正方法は大人のインビザラインとほとんど変わりません。マウスピースは、自身で自由に取り外せるので、普段のように食事を楽しめ、歯磨きなどお口のケアもいつも通りできます。

インビザライン・ファーストは、歯がある程度、生えてきた段階で導入して、「成長」を利用して矯正治療を実施する方法です。

インビザライン・ファースト
こどものインビザラインの特徴
いつも通りごはんを食べたり歯磨きできる
成長に合わせた治療で、健康的な口腔環境になる
指しゃぶりや舌の位置など悪い習慣の改善をサポート
スポーツや楽器演奏もいつも通りできる

幼少期から始める矯正治療のⅠ期治療は、永久歯が健康的に生えそろうことを目的とした「口腔環境の基盤作り」の意味合いが大きく、個人差はありますが永久歯が生えそろった段階で歯並びが整えきれていない場合があります。

しかし、インビザライン・ファーストで顎が健康的に成長していれば、永久歯が生えそろってからの矯正期間が短くなり、お子様への負担を減らすことができます。インビザライン・ファーストのマウスピース矯正では、お子様の成長期に正しい咬み合わせや顎の成長を促し、健康的な口腔環境を整えることができますので、ご興味がある親御様はお気軽にお問い合わせ下さい。
※歯のサイズ、成長によっては抜歯矯正になる場合もございます。

WEB診療予約はこちら
instagram
LINE相談