矯正歯科

矯正歯科について

三宮の歯科医院(歯医者)三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、矯正歯科にも対応しております。当院は小児矯正から成人矯正まで、顎変形症を除き、全ての矯正治療が可能です。また、当院では、CT、X-ray写真・模型の情報を基に診査・診断に力をいれており、患者様に安心安全な医療を提供します。無理な治療は行いません。

矯正歯科治療は、不正咬合を正常咬合にする歯科医療です。不正咬合とは、悪い歯並びを総称したもので、咬み合わせがずれている状態を表す矯正用語です。不正咬合は、心身に大きな影響を与えます。歯並びが悪ければ、咬み合わせも悪いので、全身の健康に大きな影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。歯並びを治す矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼機能を取り戻し、健康な体と心をつくるための歯科治療なのです。

矯正歯科

保護者の方は、お子さまの笑顔を見るのは何よりも嬉しいことだと思います。
お子さまの笑顔を末永く大切に守るために、一度矯正歯科治療の必要性があるかどうかを調べられてはいかがでしょうか?

また、大人になってからでも矯正治療は始められます。

尚、三宮の歯科医院(歯医者)三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、一般的なワイヤー矯正以外に、インビザラインというマウスピースを用いた新しい矯正治療法も取り入れております。この治療法は、ワイヤーを使わず、透明なマウスピースを使用しての矯正治療となりますので、治療中の見た目が気になって矯正治療を踏みとどまっておられた方も安心してお受け頂ける治療法と言えます。

下記に、従来のワイヤー矯正をはじめ、その他その他矯正治療についても詳細も掲載しておりますので、是非、併せてご覧ください。

また、マウスピース矯正治療(インビザライン)と小児矯正歯科については以下のバナーより詳細をご確認いただけます。

マウスピース矯正
小児矯正歯科

様々な矯正治療法に対応

一般的な矯正治療(ワイヤー矯正)
ワイヤー矯正

一番歴史が古いオーソドックスな矯正装置です。上顎および下顎ともに、歯の表側に矯正装置を付けて治療を行います。歯に接着するブラケットと金属のワイヤーを使用します。ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもございます。

部分矯正(MTM矯正)
部分矯正

MTM部分矯正は、小矯正とも呼ばれる矯正方法です。
大きく通常の矯正治療と異なる点は、口全体の矯正は全ての歯を動かして良い噛み合わせを作り出すのに対して、ピンポイントに移動させたい歯だけを狙って目的に応じて矯正治療を行なう方法です。動かす歯も基本的には1歯から上下で数歯ぐらいで、比較的短期間で移動させ、その他の歯や固定源となる歯をできるだけ動かしません。
また、本来では抜かなければならいような歯を最大限生かして、できるだけ長く使うためにも用いられることもMTM部分矯正の特徴の一つです。三宮の歯科医院(歯医者)三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、部分矯正(MTM矯正)にも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

舌側矯正(裏側矯正)
舌側矯正

舌側矯正(裏側矯正)は、歯の裏側に矯正器具を装着して行う矯正方法です。
装置を歯の裏側に付けるので、外からは殆ど見えません。当院では、舌側矯正(裏側矯正)の一つであるハーモニー矯正に対応しております。ハーモニー矯正は、患者様毎にオーダーメイドで装置を製作するため、歯にフィットし、より効果的に治療を行うことが可能です。
その他の舌側矯正(裏側矯正)と異なる点は、ワイヤーが装置内で回転するという点です。これにより、歯への負担が少なくなり、口腔内の衛生管理にも優れています。三宮の歯科医院(歯医者)三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、舌側矯正(裏側矯正)にも対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

セルフライゲーションシステム矯正治療

セルフライゲーションシステムとは、ブラケットにシャッター構造があり、シャッター部分にワイヤーを通すことによって、従来より矯正用ワイヤーと矯正装置との摩擦が最小限に抑えられるために、理想的な生理的矯正力がかけ易くなり、摩擦が少ないため、弱い力で歯が動き、矯正による歯の痛みが少なく、歯も早く動きやすく、治療期間が短縮されます。

また、通常は、メタルブラケットを利用しますが、セルフライゲーションシステムの場合、「透明」や「白いセラミック」のブラケットを用いての矯正治療が可能なため、矯正装置が目立ちにくくなります。

セルフライゲーションシステム
治療中の見た目が気になる方におすすめのセルフライゲーションシステム

通常のワイヤー矯正の場合、歯の表面に矯正装置を装着するため、矯正装置が目立ってしまうのが気になるという方もいらっしゃるかと思います。そんな方のために、当院では、セルフライゲーションシステムで白くて目立ちにくい矯正装置にも対応しております。
当院で導入しているクリッピーという矯正装置は、ナチュラルな白さが際立つセラミックブラケット、小さくてすっきりした印象のメタルブラケット、リンガルブラケットなど、様々なご要望に対応しています。また、クリッピーは、治療の各段階に合わせて、適切なワイヤーやブラケットの固定度合いを選べるため、歯牙移動を柔軟にコントロールして、より短い時間で治療効果を上げるとともに、患者さんの負担も軽減することが可能です。

クリッピー
マウスピース矯正
小児矯正歯科

治療の流れ

STEP1

無料矯正カウンセリング

ヒアリングと矯正治療のご説明

当院では、最初に患者様のご希望やお口の悩みをお聞きします。その上で、ワイヤー矯正とインビザライン矯正のメリット・デメリット、治療期間や費用についてお話させて頂きます。無料カウンセリングを実施しておりますので、お気軽にご予約下さい。その際にiTeroとsmile viewによる歯列矯正後のイメージもその場でご確認いただけます。

矯正カウンセリング
smile view smile view
↓

STEP2

CTを用いた検査・診断

口腔環境等の現状把握

しっかりと検査・診断を行い、個人個人に合ったプランニングの上、患者様に適した治療計画を立案します。

CTを用いた検査・診断
↓

STEP3

治療計画のご説明

検査結果をもとに治療計画をご説明します。場合によっては何種類か治療計画を説明し、お選びいただけます。

治療計画のご説明
↓

STEP4

定期健診

月に1、2回の矯正チェック

ワイヤー矯正では基本的に月1回通院していただき矯正装置の調整や交換を行います。また、3ヶ月に1回は矯正チェックの際に歯科衛生士が歯磨き指導とクリーニングもさせていただきます。

定期健診
↓

STEP5

治療終了・保定期間

保定装置の装着

矯正治療前の歯並びの状態等で個人差はありますが、約1~3年で矯正治療は終了いたします。治療が終了後は、綺麗に並んだ歯が動かないように保定装置(リテーナー)を装着します。保定期間は矯正治療の期間と同程度となるケースが多いです。

治療終了・保定期間

矯正治療症例集

症例①
症例
症例
主訴
治療内容
治療期間
標準費用【自費】
リスク・副作用
マウスピース矯正
小児矯正歯科

WEB診療予約はこちら
instagram
LINE相談