インプラント

歯を失ってしまった場合、従来は入れ歯や義歯という処置が一般的でしたが、近年注目を浴びているインプラントという選択肢もございます。インプラントは、歯を失った顎の骨に体になじみやすいチタン製の人工歯根(歯の根っこ)を埋め込み、それを土台にして人工歯を被せる、または入れ歯を固定し、失った歯を補う治療方法です。

入れ歯や義歯は、残存している他の歯にも負担をかけてしまっている場合が多く、発音がおかしい・硬いものがうまく噛めない・ガタついてくる等の可能性があります。インプラントはそれらの問題を解決し、機能面・審美性の両方を兼ね備え、ご自分の歯のように仕上げることが可能です。三宮の歯医者三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、インプラント治療にも対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

以下に、治療法の比較図を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

インプラント
治療の比較
治療の比較 治療の比較

インプラントガイドシステム導入

手術を簡単かつ安全に!
手術を簡単かつ安全に!

患者様に合ったOneGuieを装着し計画された位置に、正確かつ安全に手術が可能です。手術時間も格段に早く終わります。

痛みを減らし回復は早く
痛みを減らし回復は早く

歯肉を切開せず、インプラントを埋入させる小さな穴を開け手術し、痛みが少なく早期回復が望めます。

手術当日1日で自然な補綴まで
手術当日1日で自然な補綴まで

インプラント手術当日に天然歯同様の臨時補綴をセットし、飲食などの日常生活に大きな支障はありません。但し、場合によっては適応できませんので、患者様のお口の状態に適した方法をご提案致します。

ガイドシステムを用いたインプラント治療の流れ

STEP1

3D診断(CT、iTero撮影による口腔内スキャン)

CT撮影した3Dデータを通し骨、歯肉、神経を総合的に考慮し精密な診断が可能です。
iteroで口腔内スキャンするので従来の型取りが必要ありません。

3D診断
↓

STEP2

PCシミュレーション

PCで最適なインプラント埋入する位置を設定し、角度、深さなどのベストな位置関係をシミュレーションし、患者様に合ったOne Guideを製作します。

PCシミュレーション
↓

STEP3

OneGuieを装着し手術します

完成したOneGuieを手術前に口腔内に装着し計画通りの位置で安全かつ正確に手術します。

OneGuie
↓

STEP4

インプラントを埋入

製作したガイドを口の中に固定し、専用の器具を使用して、治療計画通り正確にインプラントを埋入します。

インプラントを埋入
↓

STEP5

人工歯の装着

インプラント体が顎骨と結合し、切開部が治癒したら人工の歯を装着し治療は完了です。

人工歯の装着
↓

STEP5

治療後のブラッシングと定期検診

定期的に新しいものに交換し、柔らかい歯ブラシを使用いただき、毎食後と就寝前、天然歯と同様に丁寧にブラッシングしてください。
また、歯科医院にて定期的にメンテナンスを受けてください。

治療後のブラッシングと定期検診

骨が少なくて
インプラントを諦めた方へ

骨量など、骨が原因でインプラントを諦めた方へ
他院にて、「骨量が少ないことが原因で手術ができない」とインプラント治療を断られた方はいらっしゃいませんか?
そんな方も骨を再生・増加させる「骨造成」という治療で、インプラント治療が可能になります。
三宮の歯科・歯医者三宮ソレイユ歯科・矯正歯科では、骨造成にも対応しておりますので、
骨量や骨の厚みなど骨が原因でインプラント治療を断られた方もまずは当院へご相談下さい。

①GBR(骨誘導再生法)

GBRはGuided Bone Regenerationの略で骨誘導再生法と呼ばれる骨を増やす方法の一つです。
インプラント治療には充分な骨幅が必要です。骨が少ない方の場合には骨を増やす必要性があります。
GBRとは、インプラント治療において、十分な骨の量がない場合に用いられるテクニックの一つです。

GBR GBR
②ソケットリフト法

ソケットリフト法は、サイナスリフト(上顎洞底拳上術)と呼ばれる手法のひとつで、上顎の骨を隔てたすぐ上、頬骨の奥にある上顎洞と呼ばれる空洞を利用して骨移植材を充填し、骨に厚みを加える技術で、インプラント体の挿入口から移植骨や骨補填材を挿入して、上顎洞の底部分を押し上げます。

ソケットリフト法 ソケットリフト法
③サイナスリフト

インプラント治療を行うにあたり骨の幅や高さが必要となります。
しかし、上顎においてインプラント治療を行う上で、骨の高さが足りないケースが多く、そのような場合に上顎骨の上に存在する空洞(上顎洞)に骨造成を行い、インプラント治療を可能にする方法をサイナスリフト法と言います。上記のソケットリフトで対応できないくらい骨が少ないケースが対象になります。
サイナスリフト法は、「上顎洞を挙上する」という意味があり、上顎にインプラントを埋めるエリアを確保するために、骨が薄い部分の上顎洞に自家骨や骨移植材を置き、そこに骨を作り、顎の骨量を増す治療法です。上顎の歯のすぐ上の上顎洞と呼ばれる空洞に骨が薄くインプラントが埋入できない場合に行う治療法です。

サイナスリフト サイナスリフト

WEB診療予約はこちら
instagram
LINE相談